牽引モデルについて

税金などの法定費用は普通車とくらべてどうなのか?

トレーラーの場合は年間一万二千円という税額になっています。※地方により多少の違いはあります。

 

任意保険の適応はあるのか?

自走式モデル(キャンピングカー)同様、保険会社により内容と保障範囲が異なるため保険会社に確認してください。

 

車検は普通の車や自走式モデル同様にあるのか?

通常の車同様トレーラーにも車検証はあります。車検の際にラインに入ることはほとんどありません。 しかし、ブレーキや外観などの照明などトレーラーにも設備がありますので点検は必要です。 トレーラーの場合は、ヘッド車の保険が義務付けられており、被牽引車も加入が義務付けられています。

 

普通免許で運転できるのか?

750kg以下のトレーラーは牽引免許が必要ありません。トレーラーは大きさではなく「重さ」で決まります。今現在、「ライトトレーラー」の免許が新設されました。2トンまでのトレーラーならば牽引することが出来ます。

 

ヒッチメンバーはどんな車でもつくのか?

どんな車にも付けることが出来ますが、規正品が無い場合がございます。弊社ではオリジナルヒッチメンバーの製作もしておりますのでまずはお問い合わせください。

 

牽引タイプ(トレーラー)の使い方とポイント?

現地でヘッド車と切り離して使うことが出来るため、トレーラーを現地の宿泊場所に設置して乗用車で観光ができるので割り切って使うことができます。

 

牽引タイプ(トレーラー)の魅力とは?

トレーラーは「目的」に応じて、キャンピングトレーラー、カーゴトレーラー、パークト レーラーなどの種類がいくつかあります。その全てに共通していえることは必要なときに引っ張っていけることにあります。トレーラーを置いておくスペースさえあれば実はとても効率がよく維持費もかからないものなのです。

 

走行中はトレーラーに人は乗れないのか?

トレーラーは走行用に製造されていないので乗ることは出来ません。あくまでも「乗り物」ではなく「道具」という扱いになるためです。

 

高速料金の適用はどうなるのか?

トレーラーを連結しているときの高速料金の料金は、今現在の車のワンランク上のクラスとして扱われます。例えば普通車であれば「中型車」の高速料金となります。