カテゴリー: 記事

ツーリング 特集(GRAMP[グランプ])

皆さん、グランピングってご存知ですか?
近年、アウトドア愛好家の間では快適さを兼ね備えた新しい体験型旅行が注目されています。それが雑誌やテレビなどですっかりおなじみになったGlamping(グランピング)です。これはグラマラス(魅惑的な)とキャンピングを掛け合わせた造語で、テント設営や食事の準備などの煩わしさから旅行者を解放した「良い所取りの自然体験」に与えられた名称です。
-引用元:http://glamping.or.jp/about-glamping.html
今回弊社の取り扱うERIBAツーリングが、「GRAMP(グランプ)」というグランピングの専門雑誌でご紹介していただける事になりました。
↓↓↓↓↓↓↓ 掲載雑誌はコチラ 

img_glamp4_h1

↓↓↓↓↓↓↓ 目次内 「極上モーターホーム」という記事になります!!!

gramp_index

Glamp_magazine

広がりを見せている現在の ”グランピング” というスタイルでのアウトドアの楽しみ方。

その中でワンルームを持ち歩くというトレーラーのコンセプトは、

 

グランピングの世界にも通じる物があり。

 

一つの選択肢として最良だと言う形でご紹介頂いてます。

 

自走式とは異なり、エンジンを積まないトレーラー。

 

四季折々の中で定住という概念を省き、

 

思い立った所でのキャンプスタイルを楽しむにはトレーラーは最適な選択肢と言えます。

 

とても面白い雑誌ですので、是非一度お手に取って拝見頂ければ幸いです


最新アンケート結果

こんにちは、営業の福島です。

今回は個人的にちょっと気になった「JRVAアンケート結果」について共有させていただきます。

  • 日本RV協会 協会ニュース
  • キャンピングカーユーザーの旅行実態調査の結果
  • 半数以上が「夫婦2人」での観光地めぐりを楽しむ
  • ~1人旅行者の増加やあえて宿泊施設を利用するユーザーの存在も明らかに~

まず「日本RV協会」とは、日本国内のキャンピングカー業界になります。皆さんも一度は行ったことがあるかもしれません、全国各地で毎年開催される「キャンピングカーショー」や「展示会」はこの団体によって運営されています。

一般社団法人 日本RV協会は、キャンピングカーの普及促進に向けて設立された一般社団法人で、キャンピングカービルダー、ディーラーで結成されている業界団体。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%ACRV%E5%8D%94%E4%BC%9A

 

アンケート結果はコチラ

このアンケートは毎年協会によって集められ、集計されています。この度、新しくアンケート結果が公開されましたので一部をご紹介します。

20170405a002

上記の結果はある意味毎年トップに上がる集計結果です。以前はキャンパー(テントキャンプ)や、釣りや登山などの「アウトドア」をメインに活動している方々の乗り換えの便利な車として認知され、販売されてきました。

私も展示会等に行って感じている事ですが、”アウトドアを特定しない” で「旅の手段」としてキャンピングカーのような乗り物を選択肢の一つに入れる方が近年増えました。同時にバラエティも豊かになりました。

下記の結果には少し驚いています。半数以上は車内での宿泊をされていますが、それでもおよそ4割の方はキャンピングカーに乗っていてもホテルや外の環境も「利用する」。

20170405a003

欧米では、大きなモーターホームで観光地を巡りながら自然の様々なレジャーをするスタイルが大道のモーターホームの利用の目的のようですがこのアンケート結果を見る限り、日本国内でも同様の傾向になってきているように感じました。

今回の調査結果は、キャンピングカー旅行の同伴者などという項目では「夫婦2人」が過半数を占めるなど、「キャンピングカー白書」(2016年版)を裏付ける結果となりましたが、それ以外では、これまで調査したことのないキャンピングカーユーザーの旅行実態も浮かび上がりました。
その一つとして、「車中泊車」として優れた構造を持つキャンピングカーにおいても、ユーザーのなかには旅行中にホテル・旅館に泊まったり、キャンプ場でテントを張ったりするケースがあるという例が挙げられています。このことは、ユーザーがいかにフレキシビリティに富んだ自動車旅行を行っているかということを如実に物語る例といえそうです。

引用元:http://www.jrva.com/jrvanews/detail.php?assoc_news_cd=62

以前はキャンピングカーというと。

” 寝れて トイレがあって 調理ができる車 ” 間違いではありません。

それがキャンピングカーです。しかし現在乗られているオーナー様の使い方を見ていると人によって目的は様々で、アウトドアを目的というよりか ”気楽な遠方への旅の手段” が多いいように感じます。

どんなキャンピングカーであれ、乗用車にはない快適設備との旅。確かに快適性を考慮すると、キャンピングカーやモーターホームは圧倒的な快適空間を提供してくれる。協会が行ったアンケート結果はリンクで見ることができますので、ご興味のある方は是非拝見してみてください。

 

以上