カテゴリー: 専任のよもやま話

アウトドアと様々なSTYLES

先月、弊社の「ツーリング」がグランピングの雑誌に掲載されました。

キャンピングカーの近くに居ますと、キャンピングカーを使った旅行やアウトドアを楽しまれている方とは良くお会いします。しかし改めて考えてみると、テントキャンパーの方々やグランピングでアウトドアを楽しまれている方々とお会いする機会は殆どありませんでした。

この雑誌掲載を良い機会に、私なりに”グランピング”とはどんなスタイルなのか考えてみましたので記事にしたいと思います。

 

ちなみに掲載されたのはこちらです。

 

現状の環境を考える

現代のアウトドアって何を示しているのだろう、っと率直な意見です。

  • キャンピングカーには専門雑誌があり、業界があり、メーカーや販売店もある。
  • テントキャンプにも専門雑誌があり、小売を始めとした業界があり販売店もある。
  • 登山や釣りなどのアウトドアにも、それぞれの業界があり専門店がある。

 

”車を使った旅行手段” の周りには「道の駅」との連携があり、日本各地の観光スポットを繋ぐ手段として「RVパーク」や「ツアー」がある。

 

旅行より、趣味の側面が強い方々の「情報収集」としてこの全ては”アウトドア”というキーワードで繋がっている。

 

そして今回、一見全く別の世界と思いますが未だ「キャンプ=アウトドア」という認識が根強く。それは各社から発行されている記事を読んでも、”キャンプをする為の車”というメッセージが強いです。

 

しかし実際は、それ以上です。
オーナー様によって使い方、遊び方は多種多様。
夫婦二人の気ままな「旅車」もあれば、
生活の足 兼 趣味車、
趣味ありきの道具としての車、
一言では言い表せませんが、それは全部でしょう。
そして、アウトドアのスタイルはというと、

キャンプ場に行ってみると。。。

乗車車で数人のテントキャンプを楽しんでいる人々、
ワゴン車や大きな車で大人数でキャンプを楽しんでいる人々
家族、子供連れでアウトドアを楽しんでいる人々、
そしてキャンピングカーやキャンピングトレーラーで楽しんでいる人々、

同じ ”キャンプ” といっても遊び方は様々。

未だこの広いジャンルを統合しているメディアはありません。

 

”キャンピングカーの世界と、グランピングの世界”
キャンピングカーは、「移動を前提に楽しむスタイル」に対してグランピングは「過ごす事に重点を置いたアウトドア」スタイルという事でしょうか〜

他のアウトドアスタイルも深掘りして考察してみると面白いです。

「ミニマム」で「最小限」、自然との一体感や経験を求める”登山やテント”の世界。プラスアルファで「レジャー」や「旅スタイル」の幅を広げる ”車中泊” の世界。陸の「クルージング」、「暮らすように旅する」 ”モーターホーム”の世界。そして 「定住思考なアウトドア」、「自然で過ごす体験」 ”グランピング”の世界。

どれもアウトドアであり、自然で楽しむ事には変わりありません。

車屋からは決して誕生しなかった新しい 発想 ですね !!!

 

一言では括れない難しい世界です。

 

最新アンケート結果

こんにちは、営業の福島です。

今回は個人的にちょっと気になった「JRVAアンケート結果」について共有させていただきます。

  • 日本RV協会 協会ニュース
  • キャンピングカーユーザーの旅行実態調査の結果
  • 半数以上が「夫婦2人」での観光地めぐりを楽しむ
  • ~1人旅行者の増加やあえて宿泊施設を利用するユーザーの存在も明らかに~

まず「日本RV協会」とは、日本国内のキャンピングカー業界になります。皆さんも一度は行ったことがあるかもしれません、全国各地で毎年開催される「キャンピングカーショー」や「展示会」はこの団体によって運営されています。

一般社団法人 日本RV協会は、キャンピングカーの普及促進に向けて設立された一般社団法人で、キャンピングカービルダー、ディーラーで結成されている業界団体。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%ACRV%E5%8D%94%E4%BC%9A

 

アンケート結果はコチラ

このアンケートは毎年協会によって集められ、集計されています。この度、新しくアンケート結果が公開されましたので一部をご紹介します。

20170405a002

上記の結果はある意味毎年トップに上がる集計結果です。以前はキャンパー(テントキャンプ)や、釣りや登山などの「アウトドア」をメインに活動している方々の乗り換えの便利な車として認知され、販売されてきました。

私も展示会等に行って感じている事ですが、”アウトドアを特定しない” で「旅の手段」としてキャンピングカーのような乗り物を選択肢の一つに入れる方が近年増えました。同時にバラエティも豊かになりました。

下記の結果には少し驚いています。半数以上は車内での宿泊をされていますが、それでもおよそ4割の方はキャンピングカーに乗っていてもホテルや外の環境も「利用する」。

20170405a003

欧米では、大きなモーターホームで観光地を巡りながら自然の様々なレジャーをするスタイルが大道のモーターホームの利用の目的のようですがこのアンケート結果を見る限り、日本国内でも同様の傾向になってきているように感じました。

今回の調査結果は、キャンピングカー旅行の同伴者などという項目では「夫婦2人」が過半数を占めるなど、「キャンピングカー白書」(2016年版)を裏付ける結果となりましたが、それ以外では、これまで調査したことのないキャンピングカーユーザーの旅行実態も浮かび上がりました。
その一つとして、「車中泊車」として優れた構造を持つキャンピングカーにおいても、ユーザーのなかには旅行中にホテル・旅館に泊まったり、キャンプ場でテントを張ったりするケースがあるという例が挙げられています。このことは、ユーザーがいかにフレキシビリティに富んだ自動車旅行を行っているかということを如実に物語る例といえそうです。

引用元:http://www.jrva.com/jrvanews/detail.php?assoc_news_cd=62

以前はキャンピングカーというと。

” 寝れて トイレがあって 調理ができる車 ” 間違いではありません。

それがキャンピングカーです。しかし現在乗られているオーナー様の使い方を見ていると人によって目的は様々で、アウトドアを目的というよりか ”気楽な遠方への旅の手段” が多いいように感じます。

どんなキャンピングカーであれ、乗用車にはない快適設備との旅。確かに快適性を考慮すると、キャンピングカーやモーターホームは圧倒的な快適空間を提供してくれる。協会が行ったアンケート結果はリンクで見ることができますので、ご興味のある方は是非拝見してみてください。

 

以上

ジャパンキャンピングカーショー2017

先週開催された「ジャパンキャンピングカーショー2017」無事終了しました。閉鎖中にご連絡いただいた方への対応は随時行っております。

展示会中は、協力会社である株式会社フィールドライフのサポートということでブースで連日対応させていただきました。今回は初日が「プレスDAY」という事で、当日は様々な番組制作会社様や各情報サイトを運営する記者の方々が訪れていたように感じます。この業界では一年の中で「幕張展示会」は最大の祭典で、今回は出店台数が300台に達したといわれていました。

展示会の数日間を振り返ると、軽自動車やハイエースなどの・・・いわゆる「車中泊モデル」の人気は大型なキャンピングカーをはるかに上回っているように感じました。今回は初出店となるフィアット・ジャパン様もバンタイプの「FIAT DUCATO」の出店を行っていました。弊社にではハイマーバンやセミインテグレードで馴染みのある、いわゆる”キャンピングカー専用シャーシ”のバンタイプです。

img_2859

現在国内ではハイエースが主流ですが、もし今後FIATJAPAN様の国内販売が加速化すれば弊社のように輸入車を取り扱う側としては、メンテナンスやアフターパーツなどのアフターサービス面の流通の改善も見込め、期待が大きいです。

今回、同時に本格的な大型のキャンピングカーを求めている方も多く、数年前から始まったキャンピングカーブームは今やただのブームではなくようやく根付いてきた「新しい旅の形」なのかもしれません。

展示会を振り返り~そう感じました。弊社としてはご提供するサービスは変わりません。今までと変わらず、お客様がより理想的な一台と巡りあえればと思っております。

引き続きよろしくお願いします。

ツーリングの引き渡しへ

先日は神奈川県までお預かりしていたトレーラーの出張引き渡しに行ってきました。今回納車したトレーラーは「ツーリング430GT」です。久しぶりの出張納車はツーリングの走行安定制を改めて体感するには良い機会でした。

※下記の写真は本国ドイツのPR写真です。どれも普段の乗用車で引っ張っています。

セールスポイントにも上げている、

  • 「ポップアップルーフ」、走行中は高さが2.2mまでに下がるので低重心。
  • 「Tフレーム構造」、ヘッド車からの接続部の”ねじれをセンターフレームが吸収”しトレーラーボディ本体の車体の走行中の「揺れ」を軽減。
  • 「空気抵抗を考えたボディ形状」、空気抵抗を最小限にする事で牽引のしやすさに貢献。

(↓)今回のヘッド車の正面から見た所ですが、ヘッド車(ハイエース)とほぼ同じサイズです。

img_9087

(↓)コチラは横から見た所ですが、以外と長さは長いです。ヘッドと合わせて約11m。img_8382

走行中は「長さ」は余り気になりませんが、急な横風や地面の凸凹などはトレーラーを引っ張ってるとそれなりの注意が必要です。ツーリングの場合は、低重心なのでどんな道でもしっかりと地面に”かじりついてる”という印象です。風で煽られてもトレーラーの車体のブレも少なくストレスの無い走行ができました。

他のキャンピングトレーラーと比べると室内の高さや装備の有無など、ライトパック仕様のツーリングシリーズですが、ヘッド車とのコンタクトの良さと低重心はこのモデルならではの魅力と言えます。気軽にそして本格的なキャラバニングには最適の一台です。

今回天候が曇り時々雨模様でしたが、予定通りに目的地に到着し引き渡しも無事に終え夕方には展示場に戻ってきました。I様本日はありがとうございました。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

専任営業のご紹介

始めまして。このブログを拝見して頂きありがとうございます。ハイマー及びカラード専属営業の福島と申し上げます。この場をお借りしてご挨拶をさせて頂きます。

Ryokei Fukushima

現在、弊社(ハイマージャパン株式会社)は渋川市にある株式会社フィールドライフ販売(通称:キャンピングカーパーク)の展示場内に併設しています。株式会社フィールドライフ及び株式会社フィールドライフ販売とはグループ関係にあり、展示場では国産のキャンピングカーから欧米キャンピングカーまで幅広くご紹介させて頂いております。

ハイマージャパン株式会社は、ハイマーの正規販売代理店及びカラードの正規販売元となり車両販売から関連部品の調達と提供を業務としています。アフターサービス(各種)に関しては、グループ会社との連携体制を整えておりますのでご安心してご相談ください。

精一杯対応させて頂きますのでどうぞ宜しくお願いします。

保存

保存

保存

保存

保存

保存